クリエイティブディレクターのための広告・マーケティングのネタ帳 > 2007年09月 エントリーの一覧
テーマ別・総合・ブランド関連

日本・東京を体験する『エクスペリエンス東京』
サムライの心と美意識を学べる講座「サムライ道場」が、この9月に開講。講師は実際に映画『キル・ビル Vol.1』の「雪の庭の決闘」のシーンの振付を担当し、クレイジー88(MIKI)役として出演した島口哲朗さん率いる殺陣のスペシャリストによる俳優集団。
実はこれ、外国の方に実際の体験を通して日本の楽しさや面白さを様々な切り口で提供するプログラム「エクスペリエンス東京」の新メニュー。プログラムを運営している株式会社エイチ・アイ・エス エクスペリエンス ジャパン(H.E.J.)によれば、「やはり外国人にサムライは人気があるので、“ちゃんばら”体験を実現したいと思い、このプログラムを企画しました」とのこと。
日本文化を理解してもらうためには良い企画かも。

07.09.27 PM 03:40 コメント トラックバック
外食産業・ホテル他

 待ちに待った、あの「池上製麺所」がついに移転オープン!。瑠美子ばぁたんの笑顔と名物うどんが、私たちのもとに戻ってきました。ノスタルジックな旧店舗とは一変し、むき出しの梁が開放感を与えてくれる総ヒノキ造り。「こんな店を持つんがずーっと夢やった」と、満面の笑みの池上瑠美子さんです。
とても人気がある讃岐うどんのようで映画「UDON」をもう一回見たくなってきた。
07.09.27 AM 11:00 コメント トラックバック
エンターテインメント

クラシックという高い敷居を意識するジャンルですが、ランチにコンサートを無料でやっているFUTABAというアーティストが今朝、テレビでみて取り上げてみました。二人でひとつのピアノを弾いてる。ちょっといってみたい。

07.09.26 AM 10:00 コメント トラックバック
販売・物流・サービス

misuteri.jpg
ミステリーショッピングリサーチは、店舗をチェックする手法の一つ。リサーチャーが「普通のお客様」として店舗に行き、店舗の接客や清潔感、商品の陳列といった色々な項目を調査し、チェックして評価をつけていく方法。お客様の不満点を改善することで、サービスの質を高める事を目的に活用されている手法。

07.09.25 PM 08:00 コメント トラックバック
通信・携帯電話

公衆電話のように、外からインターネットにアクセスしたい。これが@Stationの開発動機でした。 折りしも携帯電話の普及により街角から公衆電話機が次々に撤去されていきました。そして公衆電話機の 置き換えを狙ったインターネット端末は今までになく、普及すれば多くの方に利用していただけると確信しました。
公衆電話の跡地であれば電話線もひかれており設置をスピーディに行えることも良い点ですね。スペースをより活用したビジネスモデルはこれからも伸びるのか?
07.09.25 PM 07:00 コメント トラックバック
テーマ別・総合・ブランド関連

何と驚くことにこの女性、自分のア○コの毛を1本200ドル(約23000円)で販売しているのです。 購入した人は彼女のサイトに10×10 Pixelの広告を載せることができ、現在までに見た限りではすでに190本売れているようで、残り4810本と表示されています。 合計5000本を売れば、100万ドル(約1億1500万円)の儲けになる計算で、すでに話題となっている模様です。
すごい。。。なんでもありですね。。。
07.09.25 AM 10:00 コメント トラックバック
食品・飲料水

有機野菜食品の共同体『オーガニック・ギルド』
自然の恵みの中で農薬や化学肥料を使わずに育てあげた有機野菜食品の推進をして新しい人に優しいライフスタイルを提案しているオーガニックギルド。大手食品メーカーも加盟する。有機栽培などが消費者の我々に聞こえてきてもう数十年にもなるが、実際の農家は少ないらしい。日本の農業構造て厳しいのだろうか。

07.09.13 AM 09:23 コメント トラックバック
ウェブ・Web2.0・モバイル

うわさメーカー
あなたの一言がどのように広まるかをシミュレートしてくれる『うわさメーカー』というユニークなWebサービス。

07.09.07 PM 02:00 コメント トラックバック
 
当サイト「Q」はクリエイティブディレクターのための広告・マーケティングのネタ帳です。新しい広告やマーケティング手法、斬新なデザインやコンセプトワーク、特殊なビジネスモデルの紹介などコンテンツ開発やサービス開発において役立つユニークな情報を配信していくウェブマガジンです。
 
当サイトを運営・管理しているMr.Qです。最近は専ら、いつかパンダになって竹林へ帰りたいを思うこの頃です。仕方がないのでそれまでクリエイティブディレクター、アートディレクター、グラフィックデザイナー、Webデザイナー辺りを頑張ります。