クリエイティブディレクターのための広告・マーケティングのネタ帳 > 食品・飲料水 > ハバネロで町おこし『京都ハバネロの里』
食品・飲料水

ハバネロで町おこし『京都ハバネロの里』

heki.jpg
京都亀岡三百年余りの時を刻む武家屋敷で四季の色満載の家庭料理を提供する『へき亭』で『ハバネロ御膳』なるメニューがある。見た目は日本料理だが随所にハバネロをつかっているので刺激のある味だとか。デザートもハバネロアイスと甘いのだけど後から辛さがやってくる。
 
『篠ファーム』がハバネロを研究・栽培してハバネロ醤油やハバネロ味噌などを商品化している。醤油や味噌を作ったとしても最初に買うのに抵抗があったりするなかで、さらに具体的な料理や食品の開発をして、世の中に広めているという。へき亭もその一例で他にもハバネロ納豆などの商品化を進めているようだ。
 
調味料の商品化にとどまらず、その調味料を使った食品の開発し、商品化する展開も面白い。


07.05.30 AM 11:30 コメント トラックバック
コメントを投稿する








コメント一覧
トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:http://exo.jp/mt/mt-tb.cgi/433
トラックバック一覧
 
当サイト「Q」はクリエイティブディレクターのための広告・マーケティングのネタ帳です。新しい広告やマーケティング手法、斬新なデザインやコンセプトワーク、特殊なビジネスモデルの紹介などコンテンツ開発やサービス開発において役立つユニークな情報を配信していくウェブマガジンです。
 
当サイトを運営・管理しているMr.Qです。最近は専ら、いつかパンダになって竹林へ帰りたいを思うこの頃です。仕方がないのでそれまでクリエイティブディレクター、アートディレクター、グラフィックデザイナー、Webデザイナー辺りを頑張ります。